キッザニア東京 水曜日

7月23日(水) 夏休みに入ってすぐの水曜日

夏休みという事もあり、平日ですが混むのかなと

少し早めの気持ちで出発しました。

スムーズにたどり着いて、6時45分着

10組程しかおらず空いているような雰囲気です。

【メモ】1部当日券50枚 2部当日券50枚

7時半に整理券が配布開始されました。

その時点で2部の列はまだ今日3.4組で、皆さんのスタートが遅いようでした。

 水曜日に行った感想 

水曜日は英語の日と聞いていて、公式ホームページにも

【アクティビティを最初から最後まで英語で進行します】

とあるため、

アクティビティ全てが英語で行われるかと勘違いをしていましたが、

子どもによると「アクティビティによる」とのこと。

確かに公式ホームページを良く読むと

【アクティビティの流れや仕事をする上で大切なポイントは、

事前に日本語で説明しますので、英語に自信がないこどもでも

安心して参加することができます。】

となっています。

英語利用のアクティビティはいつもよりかなり充実していますが、

日本語だけのアクティビティも多く、今回9個周った内の7個は日本語のみの

アクティビティでした。

普段から曜日によってアクティビティが英語で行われる日があり、

それらはパビリオン前のインフォメーションボードで確認できます。

【Eのマークが英語利用の印です】

曜日ごとのE@Kアクティビティ一覧はコチラ

水曜日の英語レベルはそれと同等の英語レベルで行われていて、

英語が分からないとアクティビティが出来ないと言うことは

全くないレベルのようです。

むしろ英語だけで行われると思って行く方がダメージが大きいかも知れません。

但し、体感ですが画材屋のスケッチブック体験はほぼ英語で

アクティビティによっても英語利用率は違うのかもしれません。

訪れている方は夏休み期間に入ったということもあってか、かなり多彩でした。

街の中には多くの外国人スタッフがいて、スタッフの絶対数も多くなっており、

海外の方はスタッフさんとのコミュニケーションが取りやすくて良さそうでした。

空いていると感じた水曜日でしたが、

ニューオープンのゲーム会社は流石に9時には受付終了でした。

そういう意味では空いていても大人気アクティビティは健在と言う感じですが、

イメージしていたよりも混雑していた感じはなく、ピザもゲーム会社終了後の

9時40分に訪れると10時20分の回予約がとれる程度の混み具合でした。

靴工房はもう普段から混むことがないのかな?と思うほどで、

あまり待ち時間も延びていない様子でした。

とはいえ、眼鏡、お菓子、ハンコ、絵具屋さんも順当に受付終了にはなっており、

こちらも空いている日であっても大人気アクティビティだなと感じました。

靴工房は大人気アクティビティから降格させても良いのかな?

という感じですが、もう少し検証をしたいと思います。

ゲーム会社とイベントパビリオンは手際が悪くまだ慣れていない感じでしたが

忙しい夏を越えればそれも落ち着いて来るように思いました。

英語学習という意味で水曜日のキッザニアがどれだけ良いのかは分かりませんが、

英語に触れたり、日本人の苦手な喋るときのちょっとした恥ずかしさの様なものを

感じずに、当たり前のように使って良いのだという感覚を持ってもらえたら良い

ですね。

わが家では突然、

ドンクで習った【フラワー】ってなーんだ?等と言い出し、

花?と答えると、

「ブーッ!! 小麦粉でしたー」などと言ったりするので

理解していないようで理解していたりと楽しいですよ♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です