初心者のための劇場攻略【ファッションショー】

キッザニア東京 劇場 ファッションショー編

 

劇場パビリオンでは様々なアクティビティが行われており、

それぞれ当日のタイムスケジュールに沿ってお仕事が開催されています。

アクティビティによっては、1部に1回しか行われていないものもあり

注意が必要です。

 

(劇場の前にインフォメーションボードがあり、

当日のタイムスケジュールが掲載されています)

 

 

今回は劇場パビリオンの中でも人気の高い

ファッションショー・ファッションモデルについてです。

 

ファッションショーは通常1部2部ともに2回ずつ行われています。

1回の募集人数は24人と多いものの、比較的人気が高いため

のんびりし過ぎると受付終了となってしまうことも多いアクティビティです。

個人的なイメージですが、長期休暇(ホリデーシーズン)や休日など、

初めての方が多い日には早く受付終了となるように感じています。

1部に対して2回しか行われず、1回の募集人数が多いことも

このアクティビティの特徴ですが、他にもお仕事時間が長い事や

親から離れてしまい親が見えなくなる時間が長いことも特徴といえます。

これは準備によるもので準備中は親から隔離されてしまうので、

小さいお子さまで、親の顔が見えないと泣いてしまうようなお子さまは

注意が必要ですネ。

 

離れている時間はあるものの写真撮影はしやすく、

リハーサル時と本番での2回撮影チャンスがあります。

1人ずつランウェイを歩いてきてポーズをとるため、

素敵に写真を撮ってあげましょう♪

リハーサル時に専門カメラマンが中央の指定席にて撮影を行うので

このタイミングで一緒に撮影するのが良いようです。

お子さまは目線をカメラマンに向けるので、カメラマン付近の座席に陣取ると

目線のあった写真が撮影できます。

 

本番はスデージ後ろに映像が出たり暗転するので本格的です。

お土産には、この本番のDVDがもらえるため、

あまり動画や写真に集中しすぎずに、肉眼でショーを見てあげるのも

良いかもしれません。

本番中にはBGMが流れ雰囲気を盛り上げてくれますが、

観客の中には我が子以外興味なしと言わんばかりに喋っていたりしていて

我が子のランウェイ中に喋り声の入った、残念なDVDになりそうだと

心配をしていまいますが、出来上がったDVDには会場の音は一切入っておらず

素敵なDVDに仕上げてくれているので安心して楽しんでくださいネ!!

 

ファッションショーは

【おとぎの国】【和服】【パーティー】の3種で構成されていて

どの服装になるかは自分で選ぶことができません。

集合後に、スーパーバイザーから手首にカラーバンドをつけられて

識別されるようですが、ランダムという事ではなく

何となく受付順に【おとぎの国】【和服】【パーティー】と

割り振られているようですが、友達と一緒など考慮して頂いている様子です

各自パート毎の衣装をスーパーバイザーに選んでもらい手元の籠へ入れられます

その籠を持って着替えの部屋へ移動してお着替えをします。

フィッティングルームとは異なり大部屋での一斉着替えですが、

とは言っても、男子は先に着替えてその先の

小物ルームへ移動させられています(^^

着替えが終わると女子も小物ルームにて靴などのアイテムを身に着け

いよいよリハーサルとなります。

 

リハーサル時から席に座ってみることができるため

親にとってはちょっとした休憩タイムにもなります。

また、劇場内は飲食が可能なため、このタイミングで

大人の食事を済ませてしまうのもありですネ。

 

 

おすすめの食事スポットの記事についてはコチラ

 

 

体験時間が70分と長いため

他のアクティビティ予約を上手におこなって置くのも

ポイントのひとつです。

 

 

 

 

初めてのキッザニア 薬剤師の周り方ポイント

薬剤師の周り方ポイント

 

薬剤師はあまり人気のないアクティビティで

ほとんど混むという事はありません。

たまたま混んでいても、次の回には入れる程度で

予約をすることは先ずないと言って良いと思います。

 

仕事内容としてはさほど難しくはないものの

「薬剤師」という仕事に馴染みがある子は少なく

やや高学年向きの仕事と言えます。

また、体験中の様子も直接見ることは叶わず

小さなモニターを通してみるだけなので

親御さんの顔が見えないと心配になってしまうお子さまにも

あまりお勧めできないアクティビティで

親もモニター越しに映像だけで見学するため

あまり中の雰囲気が伝わってこず

ちょっぴり寂しいアクティビティです。

 

分包機(薬を個包装する機械)を使ったり

棚から必要な薬剤を揃えたり、体験している内容は

本格的で、最後には スーパーバイザー が患者に扮し

ロールプレイングまで行います。

大人からするとなかなか本格的で

分包機などはちょっと興味をそそられるのですが

調剤薬局の中で何をしているのだろうと

興味を持っていない子どもには

薬の勉強をさせられている感じに

なってしまうのかもしれませんね。

 

体験人数が4人となっており

4人で行う事が前提のメニュー内容なため

人数が欠けると2人分作業をすることになったりする様で

子どもは「大変だった」と喜んでいました(^^

 

また、コツやポイントとしては

どのアクティビティでも同様の傾向はありますが

小さな子が一緒にいる回では

作業スピードがどうしても落ちるため

時間が少し押し気味になる傾向が強いと感じました。

 

空いている

⇒分からなくても、とりあえずやらせてしまえ

⇒小さな子が参加する事が多い

⇒時間押し気味

といった感じでしょうか。

 

次の予約が入っている場合など、

時間が押してしまうと集合時間との兼ね合いで

気をもむ事もあるかもしれませんが

予約が入っている場合は

基本的にはスーパーバイザーさんが連絡を入れてくれているので

心配はいりません。

次の予約が無く、空きパビリオンを狙っている場合は

時間が押してくると、親としてはソワソワしてしまいます(;^_^

 

空いていて、ペアでの作業になるため、お友達と、グループ4人で

などという参加の仕方もしやすく狙い目です。

 

2019年GWのキッザニア

2019年GWのキッザニアは殺気だっていました

各パビリオンの混雑具合はその日の状況によるので
完全に予測することは困難です。
しかしながら、平日や休日によっての特徴はなんとなくあり、
また、長期休み(キッザニアでいうホリデーシーズン)や
連休(ゴールデンウィークやシルバーウィーク)は
また休日とも違った特徴があるように思います。

キッザニアは予約制を取っているため、休日が混雑すると言っても、
基本的には来場者数は変わりません
(休日の方が人数を多く取っているのでは?と言う話もあります)
その為、
曜日による来場者数の上限はある程度イーブンだと思って良いと思います。
大きく違うのは、整理券待ちの待機時間や、来場者の層ではないでしょうか。

 平日 

平日は来場できる方も限られるため
来場者数の上限が同じとは言え、やはり空いています。
大きな子も多くはなく、
朝の整理券待ちの列も7時半頃が1つの目安でしょうか。
団体利用とぶつかることも多いですが、
団体は少し遅めの入場で、少し早めに退出することが多く、
個人的には一緒になるのはラッキーだと思っています。

 休日 

休日は来場する方も多くなり、
WEBでのチケット販売が終了となることも多く、
必然的に狙うアクティビティに確実に参加するために
朝の整理券待ちも早めに動きが現れて、7時頃が目安でしょうか。
また、休日の方が平日に比べて遠方からの方も多く
「せっかく来たのだから!!」との意気込みからか、
少し入れ込んだ親御さんが多いようにも思います。
これはアクティビティに並ぶ際や、
アクティビティ体験後にお子さまに激を入れている様子から特に感じます。
一方で、休日には無計画で入場した方も多く、
アクティビティ前で子どもと一緒に「どれにする~?」と
アクティビティ選びをしていて、
コレはコレで勿体ないなと感じてしまうこともしばしばです。

 ホリデーシーズン 

さて、ホリデーシーズンはこれらの上を行きます。
親御さんが長期の休みを取っていたりと、自由度が増すため、
朝の整理券待ちの目安時間はホリデーシーズンの休日ともなると
6時台、しかも前半になってきます。
これだけで一苦労ですが、苦労をする分、
しっかりと楽しんで欲しい親御さんの激にも力が入りますし、
アクティビティをまわり、我が子よりも走り回る親御さんも多く、
そのパワフルさは少し危険を感じます。

先日のGWではアクティビティの受付をわが家の子ども行い、
偶然最後の1人になり受付が終了された直後、
「受付終了まで後何人ですか?」と、問い合わせをしてから
慌てて子どもを迎えに行っていたのでしょうか、
直後に親子で戻ってきて、受付終了を聞くと
「遠方からやって来ているのに」
「キャンセル待ちは出来ないのか」
「1番楽しみにしていたのに」と、
わが家の手続き中に、わが家を睨み付けながら猛プッシュされており、
とても怖い思いをしました。

連休やホリデーシーズンはいつもより初めての方が多く来場されています
慣れないシステムに不安からピリピリしていたり
わが子に損をさせまいと気を張っていたり。
初めてのキッザニアを思い出すと自分も上手くやろうと
奔走していたなと思います。
巻き込まれて嫌な思いをしないためにも、事前準備をして
周りに流されずに気持ち良く楽しみたいですね。

初心者準備
https://papazania.tokyo/never-fail/lets-get-ready

キッザニア初めてマニュアル
https://papazania.tokyo/never-fail/manual

1日にどの位アクティビティが楽しめるか
https://papazania.tokyo/never-fail/how-much-activity

我が家の初キッザニア
https://papazania.tokyo/ex/my-first-time

 

 

【初心者の為の】子どもの距離と写真撮影

キッザニアは子どもたちの国です

子どもたちだけが体験することが出来て

大人は見ているだけです

 

もちろん

 

アクティビティを予約するのも子どもが行い

並んで待っているのも子どもだけ

 

そんな

「子どもだけで」

という言葉に、キッザニア初心者の大人は

「うちの子はひとりでだいじょうぶ??」

と、とても心配になり

キッザニアは何だか難しそう

と、感じてしまうのではないでしょうか。

 

実際に体験してみると

スーパーバイザー 【 ZV 】がサポートをしてくれ

放置するようなことはありません。

自主性も大切にするので

上げ膳据え膳ではありませんが、

体験中に出来ないことがあれば

ちゃんとフォローしてくれます。

 

なので全然心配ないのですが

それでも「うちの子は・・・だから」と

やっぱり心配になるのが親心です(^^

 

今回は

楽しんで体験してほしいけれど

目の届くところにはいてあげたい

そんな低学年のお子さまや

初めてキッザニアを楽しむ方へ

アクティビティの中が良く見えるパビリオン

を一覧にしてみました♪

中が良く見える、

体験中の子どもと距離が近い

ということは、写真も撮りやすい♪♪

キッザニアを回る際に是非参考にしてみてください!!

 

子どもとの距離や

親の視界から消えてしまう時間で

4ランクに分けてみました。

街に繰り出す際は近距離だけれど

それ以外では親とそこそこ離れる等、

AランクとBランクが微妙で、分け方については

色々と物言いはつくところかと思いますが、

ちょっとした参考になればと思います。

 

*******

仕事・体験内容がイメージがしやすいように

パビリオン名だったり

アクティビティ名だったりで記載しています

*******

 

Sランク・・・
ガラスなどに隔てられず近距離で見学できる

Aランク・・・
ガラスに隔てられているがガラスも大きく見やすい
または距離は近いが一時だけ親の視界から外れる

Bランク・・・
部屋の中で体験し、ガラス越しにやや遠目に確認できる
または親の顔を確認できない時間がややある

Cランク・・・
モニター越しでしか様子をうかがえない
または子どもとの距離があり子どもが親を探しにくい

 

Sランク

・絵の具屋
・鉛筆工場
・観光バス
・クライミングビルディング
・画材屋
・花屋
・はんこ屋
・住宅建築現場
・ソフトクリームショップ
・ソーセージ工房
・地下鉄(車両整備員・軌道作業員)
・メガネショップ
・ロボットプログラマー

 

Aランク

・お仕事相談センター
・ガスエンジニア
・お菓子工場
・ガソリンスタンド
・くつ工場
・裁判所
・サッカースタジアム
・サラダショップ
・マンガ家
・証券会社
・消防署
・新聞社
・スポーツクラブ
・石けん工場
・宅配センター
・電子マネーセンター
・ツアープランナー
・発明工房
・ハンバーガーショップ
・キャビンアテンダント
・ビバレッジサービスセンター
・ビューティーサロン
・看護師
・救急救命士
・ピザ職人
・プリント工房
・パン職人
・マジックスタジオ
・ミルクハウス
・ラジオ局
・料理スタジオ
 

 

Bランク

・科学研究所
・カーモデラー
・自動車整備士
・銀行
・警察署
・警備センター
・劇場
・コールセンター
・歯科医院
・食品開発センター
・CMタレント
・総合商社
・デパート
・医師
・街時計
・レンタカー

 

Cランク

運転免許試験場
・地下鉄(運転士)
・バナナハウス
・パイロット
・薬剤師

 

楽しいキッザニアを!

JOBスケジュールカードホルダー

JOBスケジュールカードホルダーを自作してみました!

JOBスケジュールカード とは

お仕事をしたり、予約をする際に

必要な事柄を書いてもらう

スケジュールカードで、

実物はこんな感じです

JOBスケジュールカード

とても大切なもので

各アクティビティを体験や予約するたびに

スーパーバイザーに記入をしてもらいます

子どもが持ってスーパーバイザーに渡すため

無くしやすく、仕舞っておくと

毎回取り出すのが面倒なカードです

 

そこで

キッザニアでは

このスケジュールカードを首から下げられるように

ホルダーを販売しています

どのホルダーもキャラクターが付いていて

とても可愛いのですがお値段が1,050円します

(公式サイトでは750円のものもありました)

正式には「ぱっちんストラップ」と言うようです

 

入場前に列を作って並んでいると

しきりに売り子さんがこのホルダーを

販売しにやってきます(^^

それ程お高いものではないのですが

無駄にお金を使うのもなんですし、

ましてや初めてのキッザニアで

ホルダーを買ってみても次回がないのなら・・・

と思う気持ちは皆同じです

 

でも、

ホルダーがないと不便なのは確かで

代用するものは必須です

 

そこでDIYです♪

構造はシンプルなので

JOBスケジュールカードの2穴にあう

ファイルクリップを利用してみましょう

 

DIY

今回はダイソーさんで

ファイルクリップ5個入り

ラインストーン を購入し

セリアさんで

ネックストラップを購入しました

 

ファイルクリップにラインストーンを貼り

デコレートしたら完成です♪♪

簡単すぎる!!

 

子どももやってみたいという事で

ひとつ作ってもらいました

子どもの作品

 

せっかくなので私もひとつ作成

こだわろうと思って迷走した作品

 

あとから調べてみると

結構な数のDIY報告がネットに上がっています

レジンを使ったりプラバンを利用したり

結構こだわったものも作られているようです

 

ネックストラップにダブルクリップや

今回のファイルクリップを取り付けるだけでも

十分利用できますので

「初めてのキッザニアだから要らない」

ではなく、

ぜひホルダーになるものはお持ちください。

JOBスケジュールカードには穴が開いているので

最悪、紐さえあれば良いと言えば良いのですが

紐だけを持って行くのなら

ネックストラップの用意くらいは

してあげても良いのかなと思います

 

 

キッザニア初めてマニュアル

キッザニアに初めて行くとき

 

なーんにも分からないから、とにかく教えて!!

というパパザニアの為に

「とりあえず」の3つのポイントをまとめてみました

 

ポイントは

「入場前の順番待ち」「入場直後」「アクティビティ(お仕事)」です

 

時系列でいくと

①入場前に早い順番を確保するために並び

②その順番にそって入場し

➂アクティビティ(お仕事)を楽しみます。

しかし、準備は逆から逆算的におこなうと分かりやすいです

 

 準備その1 

アクティビティ(お仕事)を楽しむために」

アクティビティを楽しむためにキッザニアへ行くのですが

お子様はどんなアクティビティをやりたいのでしょうか?

食べ物系? 接客系? おしゃれ系?

まずは最低10個やりたいアクティビティを書きだしてもらいましょう

仕事の名前から内容が想像できる年齢なら問題はありませんが

園児~低学年なら公式ページを見ながら

お仕事内容の説明や、体験後にもらえるお土産などを

一緒にチェックして選んでみるのもお薦めです

 

キッザニア公式ページはコチラ

 

10個選んだ中に

超大人気のアクティビティが入っていて

どうしてもそれがやりたいのなら、①の朝早くに並ぶ必要があります

休日で7時

平日では7時半頃が最近のボーダーラインでしょうか

 

超人気アクティビティについてはコチラ

 

超人気アクティビティは1度の入園で

1つ体験できるか出来ないかです

ですので、書きだしたやりたいお仕事一覧の中に

超人気アクティビティが3つも4つも入っているのなら、

どれにするか1つに絞り込む必要があります

 

お仕事一覧に超人気アクティビティがないのであれば

①の朝の順番待ちは、さほど頑張らなくても大丈夫です。

7時半から8時前に到着すれば問題ありません。

 

①の順番待ちをしていると、整理券番号が配られます

同時に3階へ案内されるので、受付を済ませ

整理券番号順に3階の入園カウンター前に再度並びます

 

②「8時半に入園が開始され、9時からお仕事が開始される」

遊園地などでは入園後すぐに乗り物に乗って遊ぶことが出来ますが

キッザニアでは入園してもすぐに遊べません

9時までの30分間は体験したいアクティビティの前に並び

予約をする時間になっています。

この30分間は来場者がどんどん入場し

各々が思い思いのアクティビティに並ぶ時間で、

後から入る人との不公平が

極力出ない様にする対応がとられています。

 

 準備その2 

「入国後に1番やりたい → 2番目に何処へ行くか」

入国後、一番やりたいお仕事に並び、予約をとりましょう。

その予約時間までに時間がある様なら

その間に別の仕事を体験するのが基本的な流れです。

予約の列を離れてよい指示が出たら2番目にやりたいお仕事へ向かいましょう。

 

アクティビティ予約のコツ

 

これらを踏まえて逆算してゆき

①の当日何時に並ぶかを決めるのが

 準備その3 

「入場待ちに何時から並ぶか」となります。

 

やりたいお仕事から逆算して

周る順番をイメージし

それならば何時に並ぼうか

と、決めていくと「難しくて全部わからない!」から

すこし落ち着いて情報を集められるのではないでしょうか

是非、可愛い我が子のために

マネージメントを頑張ってください♪