チケットを安く手に入れる方法

第2弾100億円キャンペーン

PayPay株式会社より

第2弾100億円キャンペーンが始まります

20%還元なのでこの機会を利用すれば

キッザニアチケットがお安く手に入るかも??

キッザニアのチケット購入(入場予約)は

【Web予約】で行うのが一般的ですが

支払いは方法はクレジット支払のみです

paypay支払いは出来ないので、キャンペンーンは利用できません

その他のチケット購入方法には

【プッシュホン予約】【当日券】【代理店のチケット案内】

があります。

 

【プッシュホン予約】では音声情報サービス にて

番号入力を行い、当日予約番号を持参し

キッザニア受付カウンターにて入場料金を支払います

この時の支払いは現金かクレジットカード払いとなり

やはりpaypay支払いは出来ないので、キャンペンーンは利用できません

 

【当日券】は当日にららぽーと豊洲内で販売しています

こちらもキッザニア受付カウンターにて入場料金を支払いますが

この時の支払いは現金かクレジットカード払いとなり

paypay支払いは出来ないので、やはりキャンペンーンは利用できません

 

最後の頼みが【代理店のチケット案内】です

ANA JTB HB などのツアーチケットや

セブンチケット ファミリーマート auスマートパスプレミアム

などのチケットの取り扱い窓口がいくつかありますが

このなかでpaypay支払いが出来るところがひとつだけありました!

 

 ファミリーマートのfamiポート 

 

現在キッザニアチケット購入時にpaypayが利用できるのは

ファミリーマートのfamiポートだけのようです

 

 ファミポートの使い方をしらべてみる 

 

トップページメニューの「チケット」ボタンを押す。

「キッザニア」を押す。

「東京」または「甲子園」を選ぶ

入場月を選ぶ

入場日を選ぶ

入場時間帯を選ぶ

人数・連絡先を入力する

申し込みが完了すると「Famiポート申込券」が出力される

「Famiポート申込券」を、30分以内にレジまで持って行く

代金、手数料をお支払う際に「paypayでと申告する」

チケットを受け取る

 

ファミリーマートのHP上では(2/12現在)、

チケットでの利用はOKとなっているため

最大20%の還元を使えば、お得に使えそうです。

 

バーコード決済の詳細についてはコチラ

お支払いできない商品・サービス

公共料金等の各種代金お支払い
Famiポート取扱い商品・サービス (チケット除く
プリペイドカード類(POSAカード、QUOカード、テレホンカード等)
宅急便・宅急便コンパクト送料
切手・はがき・印紙類
ゴミ処理券等の金券類
一部の自治体指定ごみ袋
電子マネーチャージ
コピー、FAX

 

キッザニア新料金 【情報】

キッザニア料金が改定されます!! 

2019年4月1日(月)入場分より、新料金に変更となります。

 

↓↓↓ 新料金はこちら ↓↓↓

平日
第1部
平日
第2部
休日
第1部
休日
第2部
H.S
第1部
H.S
第2部
園児
(3歳~)
3,830円 3,180円 4,530円 3,510円 5,180円
5,500円
3,990円
4,210円
小学生 4,260円 3,510円 5,070円 3,830円 5,830円
6,150円
4,370円
4,590円
中学生 4,370円 3,610円 5,180円 3,940円 5,940円
6,260円
4,480円
4,690円
大人
(16歳~)
2,100円 2,100円 2,100円 2,100円 2,100円
2,210円
2,100円
シニア
(60歳~)
1,020円 1,020円 1,020円 1,020円 1,020円 1,020円

赤字で並列に記載したところが変更後の料金です

今回の改定はH.S(ホリデーシーズン)が対象の様で

平日と休日の入場料変更は無いようです。

 ※ H.S(ホリデーシーズン)とは、キッザニアが定めた、春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休みが対象となります。 

 

3月末までに4月のチケットを購入しても

料金は4月分が適用されるため、

4月以降に入園するのであれば、

どのタイミングで購入しても新料金が適用されます。

今度の10連休でキッザニアを予定されていた方には

痛手となりそうですね・・・。

 

裏技として

オークションやフリマで出回っている

ボーディングパスは、まだ料金改定を反映した

値上げがされていないものもチラホラ。

有効期限の長い物を今のうちに購入しておき

新料金が適用されるタイミングで使用すると

少しお安く入園できそうです(^^

 

この料金改定で、春休みとGWのホリデーシーズンが

どんな混雑具合になるのか見守っていきたいと思います。

 

 

アクティビティ 予約のコツ

アクティビティ予約のコツ

キッザニアのアクティビティは1つしか予約が出来ないため、

その活用方法によって、その日1日の周り方が随分と変わってきます。

 

まずは予約をしよう!

予約の利用方法のコツとしては

基本的には並ぶのでは無くまず予約です。

 

簡単な予約イメージについてはコチラ

アクティビティ予約の独自ルールの記事はコチラ

 

その後、子どもに書き出して貰った『行きたいアクティビティ一覧』の中で

直ぐに出来て、かつ予約アクティビティの集合時間に間に合うものに参加します。

 

体験後、最初に予約したアクティビティに戻り参加しましょう。

 

体験終了後にまたアクティビティを予約し、

その集合時間までにできるアクティビティを探し参加します。

 

体験後、2度目に予約したアクティビティに参加します。

 

と、予約-並んで体験-予約-並んで体験

をスムーズに繰り返すのが予約のコツです。

 

個人的には

この理屈で、個人的には

朝早くから並び、人気 アクティビティ に1巡目で入ろうとするのは

どうしても良策とは思えません。

人気アクティビティのみが行えれば良いのなら1番のりの1巡目も良いでしょう

しかし、予約を有効に使うのなら、

人気アクティビティに1巡目に入る為に並ぶのでは無く

人気アクティビティは予約をしておいて、

8時50分の解散とともに1巡目で出来るアクティビティに入ることが

ベストだと思います。

 

しかしこれを実現するのはいくつもの条件を同時に満たす必要があるので

なかなかハードです。

 

朝の予約の1例

改めて朝の予約のしかたを書いてみると、

予約は1巡目ではなく2巡目以降に入るようにしましょう。

でも、遅すぎる順番は次の予約がいつまでも取れなくなるため止めましょう。

そして、子どもが予約列に並んでいる間に親は

『8時50分の解散とともに直ぐ移動したときに9時からの1巡目に入れて、かつ、

予約時間までに間に合い、かつ、子どもがやりたいもの』を偵察に行きましょう。

偵察を解散前に終え、戻ってきたら子どもに報告をしてあげて、解散を待ちます。

体験時間が予約するアクティビティとオーバーラップしないように考えることも

忘れないようにしましょう。

そうすれば2つのアクティビティが早々に確保でき、

1の流れにも余裕が出来ます。

 

この朝の偵察が親の腕の見せ所です。

お子さんが楽しんで出来るアクティビティをチョイスしてあげて下さい。

 

 

ピザショップに行ってみた

人気アクティビティのピザ職人

1回の定員は6名で体験時間は30分ですが

15分ずらして2ラインで動いているため

混んでいるようでも、思いの外回転がはやかったです(´▽`)

 

体験内容は3種類のうちから好きなものを1つ選び

自分で伸ばした生地にトッピング♪

難しくないのに自分で作った感タップリで

しかも作ったピザが持ち帰れるので大人気。

 

食事の時間にうまく体験できると食事代まで浮いてしまう

優れモノなアクティビティ『ピザ職人』(笑)

 

上手に体験するコツは2つ

  1. 「食事どきにうまく合わせる事」
  2. 「朝一番の2ライン目に入ると10分程無駄な時間が生じる事」

2つめはこちらの記事を読んでいただけると

少しイメージがしやすいかもしれません。

「超短い予約」と言えば良いでしょうか

予約とは思えないくらい直ぐに体験できるのですが

予約までの時間が短すぎるので、結局なにもできない・・・

 

そんな予約をしてしまったJOBスケジュールカードがこちら(;’∀’)

朝一番の2ライン目のピザショップ

 

 

 

 

 

 

 

仕方がないので、オープニングダンスを中央広場でみて

一緒に踊りながら楽しみました(^^♪

 

 

 

アクティビティ予約の独自ルール

テーマパークに必ずある予約システム

テーマパーク等には予約システムがあると思います

キッザニアにも予約システムがあり、

これを上手に利用するのが上級者への道となりますが、

朝一番の予約が少し変わっていて明暗を分けます。

 

キッザニアの アクティビティ 予約は1つずつしか行えません。

この基本的なルールはこちらに記載しましたので、先ずお読み下さい。

 

朝一番の予約ですが、

アクティビティの開始は9時からですが、8時半には入国が開始されます。

入国するとみんな行きたいパビリオンめがけて一直線です ε≡≡ヘ (*’▽’)ノ

 

パビリオン に到着すると、スーパーバイザーが受付をしてくれます。

8時半に直ぐ入ったとして、パビリオンについたのが10番目としましょう。

9時半からの2回目のお仕事が無事予約出来たとします。

ここからが独自ルールで、ものの5分で終わる受付ですが

40分になっても45分になっても列に並ばされたままです。

50分になると受付が済んだ子達は解放され予約時間まで自由となります。

ここで初めて1つ目のアクティビティを予約した子たちが動き出し

2つ目(体験順番で言うと1個め)へ移動します。

 

とても良くできたシステムで

8時30分~8時50分の間は1つのアクティビティにしか立ち寄れず

ある程度の公平性を確保しているのです。

ですので、8時50分までに入国できれば、

・超人気のお仕事は受付終了になっているかもしれません

・予約が出来ても最後の方かもしれません

でも、先に入った子たちに、

2つも3つもアクティビティを先回りされることはありません。

 

アクティビティ の予約

アクティビティの予約は1つずつしか行えません

そして、定員に空きがある場合は予約できません。

また、1つ予約をしている状態では、

その予約を消化、またはキャンセルしないと新しい予約は行えません。

 

このため、遅い時間滞の予約を入れてしまうと、

その後の体験は、その都度並びながら参加するか、

タイミング良く空いている アクティビティ を見つけて参加する事になり、

回るのが少し大変になります。

『朝一番に超人気アクティビティを予約したけど14時開始の予約だった』

などがこの例にあてはまります。

14時のアクティビティ終了まで次の予約をすることが出来ない為です。

 

これを避けるため、また、確実に超人気アクティビティを行うために

皆さん朝早くから並ぼうとする訳です。