子ども目線のお薦めアクティビティ

子ども目線のお薦め

わが家の娘は低学年で、自称インドア派です

先日、キッザニアの話をしていてお薦めアクティビティって何?

と訪ねたところ

予想通り、毎回と言って良いほど訪れる

サラダショップの名前が挙がりました。

ただ、想像していた食べ物系だからとか

比較的空いていて直ぐに入れるから、等という理由では無く、

本人なりの理由があったのに驚きました。

サラダショップはRF1がスポンサーのパビリオンで、

季節の食材を利用してサラダを作るアクティビティです。

比較的作るサラダの内容が変更される頻度が高く

毎回違った体験が出来ると感じさせてくれます。

料理内容も型抜きであったり、ちぎったり、

ドレッシング作りで混ぜたり等簡単な作業が多くて

3才からでも楽しめます。

また、野菜嫌いのお子さんも自分で作ったとなると

「美味しい」と言って食べると言うのは良く聞く話で、

ぜひぜひ訪れてもらいたいアクティビティの1つです。

わが家の子どもがお薦めする理由の1つは、

スーパーバイザーさんが優しいと言うことです(だそうです)

スーパーバイザーさんはいくつかのアクティビティを

掛け持っているようですが、そのアクティビティや、

そのアクティビティの近辺にいるように感じます

(この辺りの話はもっと詳しい方がいらっしゃるかとおもいます)

確かにアクティビティによっては、

ちょっとなぁと思う対応をされている所もあり、

実際、接された感じが好みに合わず、

子どもながらに「もうやらない」と

かなり引きずっているアクティビティもあったりします。

その接し方がサラダショップはとても優しくて、良いようです。

2つめはお仕事を終えた後にもらえるお仕事カードです。

コレクション心をくすぐるこのカードですが、

これはコレクション用ではなく、

もともとは認定証だと言うことを意識されている方は

意外に少ないのではないでしょうか。

その証拠に、カードの裏面には認定証の文字と、

子どもの名前を記載するスペースがあります。

このカード裏面をしっかりと記入してくれ、

しかも訪れた日にちと、作ったメニュー名まで書いてくれるのが、

サラダショップだけと言うことで、子どもはお薦めに上げていました。

誕生日月にもらえるバースデーカードにも、

各アクティビティのスーパーバイザーさんからコメントが頂け、

1日終わると今日楽しんだアクティビティと、

そのスーパーバイザーさんのコメントが揃い

素敵な寄せ書きになり、コチラは親としても

確かに良いなぁと思うのですが、

お仕事カードのちょっとした書き込みが子どもにとっては

【良いなぁ】と思える存在なんだと知ることが出来ました。

2019年ピザーラ新春プレゼントキャンペーン

ピザを注文して応募すると抽選で素敵な賞品が当たる!
キャンペーン詳細

■キャンペーン期間:2019年1月10日(木)〜3月3日(日)
※3月4日(月)午前11時まで応募受付

■賞品:【キッザニア招待券 各300組(1組4名)合計2400名様】

■参加(応募)条件:1,000円(税込)以上の注文で応募可能

■応募方法:ログイン後に表示される「今すぐ応募する」
ボタンから入力フォームへ入り
領収書に記載の「オーダーコード」と「ご利用金額」
「電話番号」を入力し、希望賞品一つを選んで応募。

■ご招待日時:
キッザニア甲子園 4月10日(水)17:00〜21:00
キッザニア東京  4月18日(木)17:00〜21:00

■当選発表:賞品の発送は3月中旬以降を予定

キャンペーン詳細はコチラ

比較的空いている 食べ物系【回り方のコツ】

食べ物系 アクティビティの中で比較的空いている所は?

キッザニア東京には食べ物系のアクティビティが10個あります

お菓子工場が超大人気アクティビティなのはご存知の通りですが

食べ物系アクティビティは年齢が低くても楽しめるため

比較的どれも人気があります。

 

その中でも

【ミルクハウス】のミルクフードマーケター

【サラダショップ】のサラダシェフ

【ソーセージ工房】のソーセージ職人

は比較的空いていることが多く、予約しやすいです。

 

【料理スタジオ】のシェフも比較的空いているイメージですが

最近はメニューが「おにぎらず」に変わり人気がアップしたのでしょうか

回転も良くなりましたが、予約終了が少し早くなったように感じます。

 

【食品開発センター】の食品開発者も、お菓子工場の隣という事もあって

混んでいるように見えますが比較的空いているパビリオンです

 

【ミルクハウス】のミルクフードマーケターでは乳製品を使用した

オリジナルの商品を考えるのが仕事で、

“フードマーケター” ”オリジナル商品”と聞くと難しそうなイメージですが

テーマにそってトッピングを考えるだけなので、まったく難しくはありません

ただ、最後にどんなイメージで制作したのかをみんなの前で発表するのが、

小さい子には少しドキドキするかも!?

内容は悪くないのにパビリオンの場所が2階の一番奥にあるため

比較的空いていることが多い様子です。

ソフトクリームショップ以外ではデザートになるお土産はここだけなので

押さえておきたいアクティビティのひとつです♪

 

【サラダショップ】のサラダシェフはメニューの更新頻度も高く

毎回行くたびに違ったメニューが楽しめて

切ったり、型抜きをしたり、トッピングをしたりと

お料理をした気分に一番なれるアクティビティ♪

親としては超お薦めなのに、いつも空いていて嬉しいやら寂しいやらで

ちょっと複雑な気持ち。

わが子はほぼ毎回参加しでいます(*^-^*)

こどもにとって『サラダ』の響きがわるく空いているのかな??

 

【ソーセージ工房】のソーセージ職人はソーセージを手作りできます

粘土をこねるように、本物のひき肉を手でこねて、

機械をつかって羊の腸にお肉を詰めていくのは大人でもたのしそう

機械は2人1組での作業のため、

1人が機会をクルクル回してもう1人が腸をさばきます。

シャウエッセンの出来立て高級ソーセージは超美味しそう。

パビリオンの場所が通りに直接面しておらず、少し目立ちにくい場所にあり

比較的食べ物系としては空いていて、スーパーバイザーさんが

直近の募集人数が足らずにいることもありお薦めです。

ソーセージ職人の記事についてはコチラ